2014年12月09日

「潜在意識」に働きかける方法

「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。


今回は、「潜在意識」に働きかける方法についてです。

人の意識って、潜在意識と顕在意識がありますよ〜
というのは、よく聴くお話です。

意識して、コントロールできる部分が「顕在意識」
意識していない部分、コントロールしようと思っても
難しいのが「潜在意識」

では、この割合ってご存知でしょうか?

「顕在意識」は、5%〜10%しか無いらしいですね。
と言うことは、意識してコントロールできない部分が
90%以上あるっていうことになります。

初めて聞いた時は、すごく驚きましたが、
心理学的には、有名なお話のようです。

そう考えると、
法律にしろ、就業規則にしろ、いろいろなマニュアルにしろ、
それに従おうとして、意識してできる部分って、
実は、10%もないんですね。

あとは、「潜在意識」=無意識にやってしまう。

仕事中でも、声の大きさはこれ位でとか、顔の表情はこれ位でとか
いちいち意識しませんよね。

でも、無意識にやってしまう、声のかけ方とか、顔の表情で
色んなことに、影響出てしまう。。。

この「潜在意識」をコントロールできるといいのですが、
どうやったら、コントロールできるのでしょう?


「潜在意識」に、直接、働きかけようとしても、うまくいきません。
「潜在意識」に働きかけようと、思っている時点で、
「顕在意識」になってしまいますから ^^;

でも、
意識して、行動や言葉をコントロールし続けていくとどうなるか!

最初は、強制的にコントロールしてても、
それを、何回も何回もやっていると、
だんだん、だんだん習慣になってくる。

習慣になってくると言うことは、
自然とできるようになってくるんです。
無意識にできるようになるんですね。

行動基準をつくって、何度も何度も繰り返していくと、
それが、だんだん、だんだん染みついていって、
皆が、できるようになって
それが、企業の、組織の、文化になっていく!

こんなことも、可能になるのです!

「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら



posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 15:53| 滋賀 ☀| Comment(0) | 仕事力アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。