2015年01月29日

『自己効力感』を高める

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

うちには、二人の子どもがいます。
お姉ちゃんは小学3年生で、弟くんが幼稚園児です。

二人とも、苦労して教えることなく自転車に乗れるようになりました。
これは、パパとして私の自慢です。

というのも、二人に自転車を教えるとき
私は、あることを徹底しました。
あることを徹底した結果、
二人ともすぐに自転車に乗れるようになったので
指導の仕方が良かったのだと、自負しています。
2b330a2deff00b31855bb00753909fc8_s.jpg
その「あること」とは何か!?

それは、とても簡単なことなのですが、
子どもに「できそう」を徹底的に植えつけたのです。

「すぐ乗れるようになるよ」
「ほら、いい感じ!。もう、できそうやな!」
「今のいいね!その調子」
こんな風に、徹底して『自己効力感』を高めてあげました。

『自己効力感』=「私にもできそう」と思う気持ちが高まれば
子どもだけでなく、誰でも前向きにチャレンジできるのです。

子どもと一緒にするな!と怒られそうですが、
部下や後輩に新しいプロジェクトを任せるとき、
この『自己効力感』を高める努力をしてみましょう。

スモールステップを用意して
小さな成功体験を積み重ね、
その都度、成功を認めてほめてあげることで
部下や後輩の『自己効力感』は、どんどん高まっていきます。

『自己効力感』の高まった部下や後輩は、
きっと高いパフォーマンスを発揮してくれるはず!!

ホームページをリニューアルしました。
「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら


posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 07:00| 滋賀 ☔| Comment(0) | 社員教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

『悪魔のサイクル』と『あらかじめ時間』

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。


みなさん、忙しい毎日を過ごしておられることと思います。
朝から晩まで、予定がぎっしり!
目の前の業務を必死にこなして1日が終わってしまう。
そんな方も多いのではないでしょうか。

しかし、もしあなたが
あるチームのリーダーなら
以下のサイクルに陥ることだけは避けないといけません。

【会社が儲からなくなる典型的なパターン】
=【悪魔のサイクル】

このサイクルは、
@通常業務に追われ、緊急な仕事・目先の対応に終始する

A本来着手するべき、本質的な問題・課題に取り組めない

B顧客に対し、小手先・今までの焼き直しの対応しかできない

Cクレームや不満が頻発し、自らが消火活動にあたる

@通常業務に追われ...
(以下、繰り返し)

リーダーには、「準備」や「計画」「投資」の時間が必要です。
先手を打って行動できるか、できないか。
ここに、できるリーダーと、できないリーダーの差が生まれます。

【悪魔のサイクル】に陥らないようにするには、どうしたら良いのか。
「悪魔のサイクル】から抜け出すには、どうしたら良いのか。

キーワードは、『あらかじめ』です。
よほどの人を除いて、私達人間は、弱いものです。
「準備」や「計画」「投資」の時間が
「重要」だとわかっていても、「緊急」でないため
ついつい、後回しにしてしまいます。

『あらかじめ』〇日の〇時から△△をする!

この様に将来のために「重要」なことは、
『あらかじめ時間』を決めてしまいましょう。

ホームページをリニューアルしました。
「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら
posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 20:47| 滋賀 ☔| Comment(0) | 仕事力アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

良い行動を『強化』する

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

私たちは、ある『先行条件』がきっかけとなって
『行動』をおこします。
『行動』をおこすと、当然何らかの『結果』が得られます。

『先行条件』→『行動』→『結果』
普段何気なくやっている行動も
全てこの流れに従って行ているのです。

例えば、『先行条件』=寒い
『行動』=コートを着る
『結果』=暖かくなる。
こんな感じです。

例えをそのまま続けると
『結果』=暖かくなる事がわかれば、
私たちは、外に出て寒ければ、
繰り返しコートを着ることになります。
しかし、コートを着たのに、
暖かくなるという良い『結果』が得られなかったら、
次、外に出て寒いと感じた時、
皆さん、コートを着ますか?

私たちの『行動』は、『結果』に大きく左右されます。

良い『結果』が得られれば、同じ行動を繰返すが、
良い『結果』が得られなければ、別の行動をとる。
この様な法則があるのです。

そして、意図して良い『結果』を与え
同じ行動を繰返させることを
【行動の『強化』】と言います。

子どものしつけや部下指導をする際、
【行動の『強化』】を是非意識してください。
良い『習慣』を身につけてもらうために!

ホームページをリニューアルしました。
「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら

posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 06:00| 滋賀 ☀| Comment(0) | 行動力アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。