2015年02月25日

習慣が好みをつくり出す

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

先日、リピーター創出コンサルタントの
一圓克彦さんのお話をお聞きしてきました。

一圓さんは、大学生の時に会社を立ち上げ、
その後、数々のビジネスを成功に導いてきた凄い人でした。
39歳と、私より年下だということが
一番の驚きでしたが。。。

一圓さんのプロフィールは、HPなどでご確認いただくとして、
先日のお話の中で、気になったキーワードは

・人は何となく物を買う
・リピーター⇒安定した売上げ⇒社長ご機嫌
・リピーターになる人をお客様にする
・お客様をえこひいきすることは、安心を与えること
・習慣が好みをつくり出す


こんなところでしょうか。

特に最後の
「習慣が好みをつくり出す」というのは、
なるほど、そりゃそうだと納得したものの、
今まで、言葉として認識していなかったことでした。

要は、お客様は数ある商品やサービスを試しに試した後、
これがNo,1やね!と
「好き」なものを決めるのではなく
“いつものやつ”“いつもどおり”が「好き」になるのだということ。

それは、なぜか?
人の脳は、面倒くさがり屋で、“楽”をしたい性質があるからとのこと。

新しい商品を試してみる。
新しいサービスを試してみる。
そんな時は、皆さんもいろんなことを考えますよね。
脳は、それが面倒なので、“楽”ができる
“いつもどおり”を選びたがるそうです。

行動改善も同じですね。
新しいことをやってみよう!と思っても、
いつの間にか、“いつもどおり”になってしまっていて
対して何も変わってない。。。

良くあるお話です。
284025a28dcfd22d72237ed85e482293_s.jpg
商売においても、自分を成長させようとする時においても、
どうすれば、「習慣」として根付かすことができるのか。

ここが、一番大切なのでしょうね。

ホームページをリニューアルしました。
「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら


ラベル:習慣化 行動改善
posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 18:00| 滋賀 ☁| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

感情表現度の違い

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

今回も、ソーシャルスタイル理論についての続報です。

自己主張度を横軸に、感情表現度を縦軸にとって
人を大きく4つのタイプに分けるこの考え方、
SS理論.jpg

今回は、【感情表現度の解説】
感情表現度の大小は関心の対象の違いに出てきます。
感情表現度が高い人は、
⇒“人”や“感情”に関心を持ちます。

例えば、信頼している人から何かを頼まれると即OKしたり、
「この楽しい感じが好き」などの表現を好みます。

一方、感情表現度が小さい人は、
“事実”や“データ”が大好きです。
買い物をする際には、“スペック”を細かくチェックしたり、
人間関係よりも結果にこだわるタイプとも言えます。

この様に、自己主張度と感情表現度という
たった2つの指標だけでも
こんなにタイプが違うのだということが分かります。

前回にもお伝えさせていただいておりますが
どちらが、良い悪いというお話ではなく

「タイプが違う」「持ち味が違う」ということ。

お互いが違いを理解し、
得意分野を活かし、苦手分野を補う関係になればベストですね。


ホームページをリニューアルしました。
「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら


posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 18:00| 滋賀 ☁| Comment(0) | ソーシャルスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

自己主張度の違い

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

今回も、またまたソーシャルスタイル理論についてです。

自己主張度を横軸に、感情表現度を縦軸にとって
人を大きく4つのタイプに分けるこの考え方、
SS理論.jpg
もう少し解説を続けます。

【自己主張度の解説】
自己主張度は行動や決断の速さと比例しています。
ですので、自己主張度が高い人は、
⇒すぐ決断する人、すぐ行動に移す人
その反面、リスク管理、計画性が足りないかな。

逆に自己主張度が小さい人は、
計画的にじっくり考えて決断し、行動したいタイプです。

レッド・ブルーがグリーン・イエローを見ると
「遅いな〜。」「もたもたしてないで、早くして!」
こんな気持ちになることが増えます。

グリーン・イエローがレッド・ブルーを見ると
「大丈夫かな〜、そんなに早く判断して。」
「もう少し、じっくり検討しようよ」となるわけです。

どちらが、良い悪いというお話ではなく

「タイプが違う」「持ち味が違う」ということ。

お互いが違いを理解し、
得意分野を活かし、苦手分野を補う関係になればベストですね。


ホームページをリニューアルしました。
「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら
posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 17:00| 滋賀 ☀| Comment(0) | ソーシャルスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。