2015年02月10日

ソーシャルスタイル理論 概要

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

私たちは人それぞれ持ち味が違います。
得手・不得手もそれぞれです。
同じことをやっても、
ある方からは高く評価されるけど、
別のある方からは、注意されたり。。。

反応の違いに戸惑うことも多いのではないでしょうか。

特に仕事においては、
接する相手のタイプをつかんでおくことが
成果の大小に直結するくらい大切な事柄です。

そこでひとつご紹介させていただくのが
『ソーシャルスタイル理論】という考え方。

自己主張度の大小と感情表現度の大小で
相手のタイプを即時に推定できる優れものです。

・横軸に自己主張度(左小さい、右大きい)
→右に行けば行くほど自己主張が大きくなる。
→自己主張が小さいとは、「聞く」タイプであるということ。
→自己主張が大きいとは、「しゃべる」タイプであるということ。

・縦軸は感情表現度(上小さい、下大きい)
→感情表現が小さいとは、「クール」な方、冷たい印象の方
→感情表現が大きいとは、「ニコニコ、ゲラゲラ」の方
im_05.jpg
このように横と縦、2本の軸を書くと
ポジションが4つできますね。
これ4つが、ソーシャルスタイルと言います。

それぞれのスタイルで言われて嬉しいこと
嫌な言葉はかなり違います。
一番突き刺さる言葉も各スタイルによって違います。


だから、冒頭のとおり、
同じことをやっても、
ある方からは高く評価されるけど、
別のある方からは、注意されたりするのですね。

各スタイルの特徴は、次回にお伝えさせていただきます。

ホームページをリニューアルしました。
「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら


posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 16:56| 滋賀 ☀| Comment(0) | ソーシャルスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。