2014年12月31日

「動機づけ要因と衛生要因」

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

「動機づけ・衛生理論」
アメリカの臨床心理学者、ハーズバーグさんが提唱された理論。
二要因理論とも呼ばれます。

仕事をしてい行く中には、
職務満足=仕事に満足をもたらす要因と
その反対で、不満をもたらす要因、この2つがあるのだという理論。

満足をもたらすものを=動機づけ要因
不満足をもたらすものを=衛生要因としているのですが、

衛生要因・・・これは満たされなければ不満が高まるが。。。
満たされたからと言って、仕事の満足度が高まるわけではない要因

良く、こういうお話をお聞きになりませんか?
「給料を上げても、喜ぶのはその時だけ」

給料=賃金は、ここを見ると衛生要因です。
給料が安いと文句が出るが、高くても満足度が高まるわけではない。
確かに、その時はうれしいと思いますが。

一方、動機づけ要因というのは、
達成すること、承認されること、自己実現など、
満たされること、高まることでモチベーションアップにつながる要因
と言われています。

これは1959年の調査をもとに発表されているものですが、
十分、今でも活用できる理論だと思います。

まずは、2つの要因があるのだ。
それぞれ、役割、効果が違うのだということを認識することが大切です。

そして、本当に、職場の中で、
モチベーションを上げていこうとするのであれば
単に給料を上げる、単に労働時間を削減する、
単に休日を増やすだけではダメだということ。

動機づけ要因を満たす必要があるのだということ。

スモールステップを段階的に設けて
成功体験を積み上げてもらう。
そして、うまくいったときは、すぐに承認してあげるといった
達成感・承認欲求を満たす工夫。
更には、自己実現をサポートできるような体制づくり
こういったことが必要なのですね。

「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら


posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 12:22| 滋賀 | Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。