2015年01月29日

『自己効力感』を高める

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

うちには、二人の子どもがいます。
お姉ちゃんは小学3年生で、弟くんが幼稚園児です。

二人とも、苦労して教えることなく自転車に乗れるようになりました。
これは、パパとして私の自慢です。

というのも、二人に自転車を教えるとき
私は、あることを徹底しました。
あることを徹底した結果、
二人ともすぐに自転車に乗れるようになったので
指導の仕方が良かったのだと、自負しています。
2b330a2deff00b31855bb00753909fc8_s.jpg
その「あること」とは何か!?

それは、とても簡単なことなのですが、
子どもに「できそう」を徹底的に植えつけたのです。

「すぐ乗れるようになるよ」
「ほら、いい感じ!。もう、できそうやな!」
「今のいいね!その調子」
こんな風に、徹底して『自己効力感』を高めてあげました。

『自己効力感』=「私にもできそう」と思う気持ちが高まれば
子どもだけでなく、誰でも前向きにチャレンジできるのです。

子どもと一緒にするな!と怒られそうですが、
部下や後輩に新しいプロジェクトを任せるとき、
この『自己効力感』を高める努力をしてみましょう。

スモールステップを用意して
小さな成功体験を積み重ね、
その都度、成功を認めてほめてあげることで
部下や後輩の『自己効力感』は、どんどん高まっていきます。

『自己効力感』の高まった部下や後輩は、
きっと高いパフォーマンスを発揮してくれるはず!!

ホームページをリニューアルしました。
「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら


posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 07:00| 滋賀 ☔| Comment(0) | 社員教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。