2015年02月18日

自己主張度の違い

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

今回も、またまたソーシャルスタイル理論についてです。

自己主張度を横軸に、感情表現度を縦軸にとって
人を大きく4つのタイプに分けるこの考え方、
SS理論.jpg
もう少し解説を続けます。

【自己主張度の解説】
自己主張度は行動や決断の速さと比例しています。
ですので、自己主張度が高い人は、
⇒すぐ決断する人、すぐ行動に移す人
その反面、リスク管理、計画性が足りないかな。

逆に自己主張度が小さい人は、
計画的にじっくり考えて決断し、行動したいタイプです。

レッド・ブルーがグリーン・イエローを見ると
「遅いな〜。」「もたもたしてないで、早くして!」
こんな気持ちになることが増えます。

グリーン・イエローがレッド・ブルーを見ると
「大丈夫かな〜、そんなに早く判断して。」
「もう少し、じっくり検討しようよ」となるわけです。

どちらが、良い悪いというお話ではなく

「タイプが違う」「持ち味が違う」ということ。

お互いが違いを理解し、
得意分野を活かし、苦手分野を補う関係になればベストですね。


ホームページをリニューアルしました。
「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら


posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 17:00| 滋賀 ☀| Comment(0) | ソーシャルスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。