2015年01月12日

リーダーの3大任務

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

人が何人か集まればグルーブができ、
そのグループが、ある目的に向かって進もうとするとき、
“チーム”になります。

そして、チームで目的に向かうのであれば、
必ず必要となってくるのがチームリーダーです。

このリーダーという立場に求められる役割とは
どんなものがあるのでしょう。

私の師匠である望月禎彦先生から教わった
リーダーの3大任務は、以下の通り。

1、より高い業績・成果を上げること
2、部下後輩を指導・育成すること
3、より質の高い役割を目指し、自分自身を高めること

現在は、プレイングマネージャーが増え
リーダー個人の「1」(業績・成果)をあげることに精一杯で、
チームの「1」(業績・成果)まで手や、気が回らない。。。
そんな声も聞きますが、

1、2、3、で最も大切な役割は、
「2」の部下後輩を指導・育成すること。
そして、その「2」をするためには、
「3」ができていないと無理なのです。

部下・後輩を指導・育成していくうえで
とても大切になってくるのは
部下や後輩を「管理」する能力ではなく
「この人についていきたい」
「この人の下でなら仕事をしてもいいな」
と、部下・後輩からそう思ってもらえるような
リーダーになること。

「自分自身を高める」ために
あなたは、何をしますか?
その時間を、どうやって確保しますか?

まずは、明確に「何」を「いつ」するのか
決めることから始めてみましょう

ホームページをリニューアルしました。
「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら


posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 05:00| 滋賀 ☀| Comment(0) | リーダーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

「リーダーシップ」とは何か

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

「リーダー」は、役割(所長とか、主任とか。。。)
「リーダーシップ」は、誰もが持っているもの。

では、「リーダーシップ」とは、何なんでしょう?

弊社での定義はこうです。

「リーダーシップ」とは、
何かを始める際にまず、自分から動く力。
まず、やってみよう!という感じで。

そして、どんどん周りを巻き込んでいく力
=「周囲に良い影響を与えていく」

⇒こういう力を「リーダーシップ」と言っています。
率先して動き、周りに良い影響を与える力

「リーダーシップ」=「良い影響力」であると。

※だから、リーダーとリーダーシップは違う
「リーダー」は、役割
「リーダーシップ」は、誰もが持っているもの。
それを、発揮するかしないかは自分次第なんですね。

例えば会議の際「誰か、切り出してくれよ」「し〜〜ん。。。」

良くありそうなケースですね。
このような状態を、漢字二文字で表現すると・・・「他責」です。

「他責」とは、「誰かがやってくれるだろう」というものですが、
他の人が、自分の望むような切り出しをしてくれますか?
あまり、期待できるものではありません。

また、何事も、「他責」ではなく、
「自責」の意識を持って進めていくことで、
楽しさや、ワクワクが増殖するようにも感じます。

「自責」の意識を持ち「リーダーシップ」を発揮すること。
するかしないかは、自分の決断次第です。

「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら


posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 09:31| 滋賀 ☀| Comment(0) | リーダーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。