2015年04月15日

最高のパフォーマンスを発揮するために

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。


4月も中旬となり、新年度だ!と意気込んでスタートした方
少し、息切れしていませんでしょうか?

自分の仕事、部下後輩の指導、会議や接待などなど
毎日が忙しいと、疲れもたまり心身ともに疲弊してきます。

常に高い成果を求められる皆さんは、
疲弊した身体をどうやって回復させておられますか?

お酒を飲んだり、おいしいものを食べたり
スポーツしたり、整体に行ったり、
ゆっくりお風呂に使ったり、たっぷり睡眠をとったりと、
色んな方法があると思います。

私が最近始めたのは「クリスタルボウル」のCDを聞きながら
目を瞑り、瞑想チックなことをやることです。

「クリスタルボウル」とは、水晶を主原料にしてそこに
色々なパワーストーンや鉱物などを混ぜて作ったボウル状の楽器です。
実際に実物は見たことないのですが、、、

この音色がとても心地よい。
倍音というのが発生するらしく
ホワ〜〜〜ワワワ〜〜ンという何とも言えない
響きに身体が包まれるのです。
82a795b83a344ccd07c61096e5090f53_s.jpg
聞いているとアルファー波シータ波も出てくるらしく
心と体を癒す効果があるそうです。

詳しくは一度検索してみて下さい。

皆さんは、常に最高のパフォーマンスを求められます
刃がガタガタのノコギリでは大木が切れないように
ガタガタの身体では、良い成果は生まれません。

心身をリセットすることができる○○。
自分が心地よくなれる○○。
この○○をいくつか見つけておきたいですね。



7日間チャレンジ『メルマガ版 できるリーダー養成塾』のご登録はこちらから

研修講師を呼ばなくても、社内で「仕事力UP!行動基準作成研修」ができる
『仕事力UP!行動基準作成研修 自社チャレンジキット』のご登録はこちら


仕事のできる人が劇的に増える!!
「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら


ラベル:習慣 リーダー
posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 17:00| 滋賀 ☁| Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

「動機づけ要因と衛生要因」

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

「動機づけ・衛生理論」
アメリカの臨床心理学者、ハーズバーグさんが提唱された理論。
二要因理論とも呼ばれます。

仕事をしてい行く中には、
職務満足=仕事に満足をもたらす要因と
その反対で、不満をもたらす要因、この2つがあるのだという理論。

満足をもたらすものを=動機づけ要因
不満足をもたらすものを=衛生要因としているのですが、

衛生要因・・・これは満たされなければ不満が高まるが。。。
満たされたからと言って、仕事の満足度が高まるわけではない要因

良く、こういうお話をお聞きになりませんか?
「給料を上げても、喜ぶのはその時だけ」

給料=賃金は、ここを見ると衛生要因です。
給料が安いと文句が出るが、高くても満足度が高まるわけではない。
確かに、その時はうれしいと思いますが。

一方、動機づけ要因というのは、
達成すること、承認されること、自己実現など、
満たされること、高まることでモチベーションアップにつながる要因
と言われています。

これは1959年の調査をもとに発表されているものですが、
十分、今でも活用できる理論だと思います。

まずは、2つの要因があるのだ。
それぞれ、役割、効果が違うのだということを認識することが大切です。

そして、本当に、職場の中で、
モチベーションを上げていこうとするのであれば
単に給料を上げる、単に労働時間を削減する、
単に休日を増やすだけではダメだということ。

動機づけ要因を満たす必要があるのだということ。

スモールステップを段階的に設けて
成功体験を積み上げてもらう。
そして、うまくいったときは、すぐに承認してあげるといった
達成感・承認欲求を満たす工夫。
更には、自己実現をサポートできるような体制づくり
こういったことが必要なのですね。

「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら
posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 12:22| 滋賀 | Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

世の中を変える、たった一つの考え方「原因自分論」

結果が出る社員研修!
「仕事力UP!行動基準作成研修」講師の山本です。

今回は、「原因自分論」についてです。
この言葉は、私の師匠である望月禎彦先生から
研修の度に、聞かされている言葉で、
もともとは、ユニチャームの高原会長の言葉だそうです。

要約すると、以下のような内容です。

世の中は、次の3つで構成されています。
【環境・周囲・自分自身】

具体的には
1.環境・・・日本の景気や業界の動向、会社全体
2.周囲・・・部下や後輩、同僚、先輩や上司、お客様・取引先
3.自分自身
この様な分け方になります。

現状を変えたい時、どこを変えますか?

1の環境ですか?
でも、一人の力だけでは、日本の景気や会社全体を変えることなどできません。
こちらについては、おそらく、皆さんも同感だと思います。

しかし、ついついこんな風に考えることはございませんか?

部下のA君を・・・とか、課長のBさんを・・・とか、、、

変えられそうに感じるんですね。身近にいる方は。
でも、思った通りに変わってくれますか?
うまくいかないことの方が多いですよね。

10数年も一緒に住んでいる奥さんですら、変えるのは難しいのに
仕事で付き合う人を変えるのはもっと難しい。

結局
私たちが、唯一コントロールできるのは、
自分自身しかないんですね。

このことに、気付くことがとても大切である!というお話です。

コントロール可能な自分自身の行動や発言を変えることで
少しずつその影響を受けて部下のA君や同僚のCさんが、

少し変わる“かも”もしれない。

少しずつ周囲が変わっていくことで、
会社全体が変わる“かも”しれない。

世の中を変える、たった一つの考え方。
それが、「原因自分論」なのです。


「仕事力UP!行動基準作成研修」の詳細はこちら

posted by 仕事力UP!行動基準作成研修のすすめ at 12:45| 滋賀 ☁| Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。